行きた英語を習得

沢山の鉛筆

英会話スクールを選ぶ際に確認しなければならないことは、講師がネイティブスピーカーかどうかです。 講師が英語を母国語としていない学校は選んではいけません。 なぜなら、英会話スクールで学ぶ最大のメリットは、日本にいながら英語のネイティブスピーカーとコミュニケーションできることだからです。 どんなに英会話の上手い人であっても、英語を母国語としない講師では英語ネイティブと発音や語法に違いが生じます。 似た意味の単語の使用法にしても、母語として英語を習得した者にしかわからないニュアンスの違いがあるのです。 そうした細かな違いが英会話では特に重要となります。 ですから、英会話スクールを選ぶ際には、英語を母国語とする外国人講師が中心のところを選ぶべきなのです。

英会話スクールのメリットは、英語ネイティブの講師と直接会話できることです。 そうした会話の中で、英語を母国語とする話者特有の細かなニュアンスの違いなどを学ぶことができます。 こうした違いを学習するためには、できるだけ講師の英語表現や単語の選び方等を確認することが重要です。 そのためには講師にたくさん発話してもらい、同時にこちらの不自然な英語を訂正してもらう必要があります。 ですから、英会話スクールでは間違いを恐れず積極的に講師へ英語で質問していくことが大切です。 間違いを恐れたり自分の英語を恥ずかしがって受け身になるべきではありません。 英会話が上達するのは、積極的に英語ネイティブと会話し、数多くの間違いを指摘されつつそれを改善していった人なのです。